こどもマネジメントゲーム
けいえいを あそんで まなぶ
お申込み・お問い合わせ

ホーム

開催セミナー日程

マネジメントゲームとは?

経営層~幹部・若手/中堅社員の方々を対象としたマネジメント実践教育プログラム

「一人一社経営」として、経営意思決定から実行、すなわち、商品の企画・開発・販売・会計・決算というビジネスサイクルを回しながら、参加者たちと成果を競うというゲームです。

経営のリアルな疑似体験を通して、楽しみながら経営者感覚(=マネジメント能力)を身につけられるというユニークな研修プログラムです。

マネジメントゲームの効果

25 期で 経理が分かる、50 期で 経営が分かる、75 期で 戦略が分かる、100 期で 人間が変わる

マネジメントゲーム研修は、活きた計数感覚を身につけ、俯瞰的な立ち位置で経営者感覚を持ったリーダーを育成することを目的としています。

セールスとコスト意識のバランス、営業指数と財務計数のメカニズムなど、その双方を実際の業務で学ぶには時間が相応にかかります。マネジメントゲーム研修では、「一人一社経営」をすることで、これらを効率よく体感することができます。

やればやるほど効果が表れるマネジメント研修です。

マネジメントゲームが選ばれる理由

計数感覚が身につく

会社経営に必要な数字を扱いながら、ゲームを行います。

ゲームが進行するうちに、仕入れや投資、利益や売上などの関係性や、適正な金額を理解することができます。

具体的なメリット
  • 財務分析能力や課題抽出力が高まります
  • ビジネスパーソンに必須である会計・財務知識を習得できます
  • 会計財務知識がなくても、ゲームを通じて損益計算書(P/L) や貸借対照表(B/S) の仕組みが理解できます
  • 自社のみならず、顧客の経営数値や財務諸表を読みとれるようになります

経営感覚が身につく

ゲームの中で設立した会社を経営していきます。経営活動のすべてを行い意思決定することで、会社運営の仕組みや各部署の関連性が理解できます。

具体的なメリット
  • 経営者の視点を体験することで、経営の全体像を理解できます
  • 経営体験から、リーダー / マネジャーとして必要な戦略的意思決定能力を養えます
  • 利益創出を実現する意思決定方法が身につきます
  • 利益向上施策を、戦略会計理論に基づき実行プランに落とし込むことができるようになります
  • 経営上の意思決定とその意思決定に伴う経理・財務上のインパクトをリアルに体感できます

戦略発想が身につく

利益を上げるためにはどのようにすればよいか、ゲームを通して学んでいきます。

薄利多売の戦略や高付加価値路線の戦略など、ゲームで学んだ発想が普段の経営へと活きていきます。

具体的なメリット
  • 戦略会計を学ぶことにより、経営計画の重要性を理解でき、計画立案能力を高めます。
  • 具体的な経営計画立案力の習得と共に必要となる具体的な行動プランが立案できるようになります。

ルール説明

ゲームの流れ

ゲームスタート

社名を決め、資本金300万円でスタートします。1期 約40分程度要します。図のようなゲーム盤やカード、コマをそれぞれ用いてゲームを進めます。

順番に意思決定カードを引く

プレーヤーが反時計に回りに、順番に意思決定カードを引いていきます。
意思決定カードの内容は商品販売 / 材料購入 / 完成・投入 / 採用 / 設備投資 / 広告 / 研究開発投資 / DO NOTHING の8種類です。
意思決定カードの他にリスクカード(倉庫火災 / 盗難 / クレーム …etc)も混ざっています。この時、販売・仕入・採用などお金が動いたら必ず現金出納帳に記入します。

会社盤にコマを置き会社を経営

以下それぞれ配置します。
ヒト:工場勤務のワーカー / 営業所勤務のセールスマン
モノ:倉庫(材料) / 工場(仕掛品) / 営業所(製品)、製造機械
意思決定に沿って、コマを動かします。

商品を販売

東京・名古屋など売り先のマーケットを選び製品を置きます。
他社も販売したい場合は入札に参加し勝負となります。マーケット別に販売価格上限が決まっており、その価格内での勝負となります。

各自売値を決め「せーの」で一斉にプライスカードを売値を提示し、一番安い値段の人が販売できます。これが売上高となります。 また、マーケットボリュームを決まっており、その市場が保有できる最大個数も決まっています。

材料を購入

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台 のどこから購入するかを決め材料を取ります。
購入先によって値段が異なりますので、うまく仕入れられる力を養います。一回に購入できる数に上限はありません。

仕掛品 / 製品製造

売るために材料を仕掛品に、仕掛品を製品にします。
材料倉庫にある材料を工場に(投入)、もしくは工場にある仕掛品を営業所(完成) させます。
それぞれ、投入に1個2円・完成に1個1円のコストが発生しますので、製造コストを意識するようになります。

ワーカー/セールスマンの採用

製品製造や、製品を売るためにはワーカー及びセールスマンが必要です。
・ワーカー1人 – 機械を1台稼働可
・セールスマン1人 – 製品を2個販売可(配置転換はいつでも可)

もちろん人件費が発生しますので人員の過剰・不足を加味したコスト意識が生まれ人件費の大きさに気付きます。お金が足りない場合は借金してでもお給料は支払わなければなりません。計画的な採用を心がけましょう。

機械の設備投資

会社規模を拡大し生産量をあげるために、設備を購入します。
・小型機械(¥100、製造能力2個)
・大型機械(¥200、製造能力4個)
・アタッチメント(¥300、製造能力+1個)

ただし設備とともにワーカーも必要となります。コストが発生する分、売上を上げなければなりません。ちなみに機械はいつでも売却可能ですので、その判断力も養われます。

広告

売上拡大のためには販売能力を上げることも考えなくてはなりません。広告する事により、セールスマンを雇わなくても販売能力が上がります。

広告(赤チップ)
・¥20/枚 販売能力+2個 一度に何枚でも購入可。但し、セールスマン1人につき効力は2枚まで。広告にかかる費用は1回きりです。しかし人を雇うと給料は発生し続けます。イニシャルコスト / ランニングコストの気づきも得られます。

研究開発投資

研究開発に投資することにより価格競争力が上がるため、他社より有利な価格設定が可能となります。つまり、同じ製品でも売りやすくなります。製品能力/価格設定についての気づきを得られます。

研究開発(青チップ)
・¥20/枚 商品販売時に2円(親は4円)マイナスしてコールすることができる。一度に1枚まで購入可。

コンピューター

コンピューターを導入することによりすることにより生産能力、製造能力、販売能力がそれぞれがるため、他社より有利となります。

¥10/枚
・マーチャンダイズ(材料をー1円/個で購入可)
・PAC(機械それぞれの製造能力+1個)
・マーケティング(製品を+2円/個で販売可)

期末決算

意思決定の度(お金の動きがあった場合)に記入していた現金出納帳や、保有している資産(スタッフ・機械など)に基づき、期末決算を行います。 これにより、今期の売上・利益(P/L)や、保有資産(B/S)、現金残高(C/F)などが弾き出され経営状況が見えてきます。 電卓を用いて自分で会計表に記入していくため、会計の流れが理解でき、計数間隔が養われます。
MGに関する決算諸表のPDFはこちらより(0.6MB)

振り返り

期首に立案した経営計画とのギャップを計り、成功・失敗の要因を探ります。それを踏まえ翌期の計画を立案し、翌期を臨みます。これを繰り返すことで、気づきを得るのです!直感的に数字が理解できるようになる利益構造が理解でき、直感的に素早く数字を捉えることができるようになります。すると迅速且つ適切な「意思決定」につながります。必要利益額がわかれば、そこから逆算した計画立案も可能となるため戦略的な思考も身に付きます。

開催セミナー日程

タイムスケジュール

DAY1
09:00-10:00
オリエンテーション
ゲームの説明や、MG で何が学べるのかという簡単なレクチャーをします。
10:00-12:00
第1期(ゲーム・決算)
参加者全員で一緒にゲーム・決算までを行います。各自所持している現金・在庫・ 資産などに合わせ、それぞれが電卓を用いて決算を行います。
13:00-17:00
第2・3期(ゲーム・決算)
グループごとに分かれ、それぞれが利益を生み出せるようゲームを進めていきます。
DAY2
09:00-09:30
演習問題(利益構造の理解)
初日を踏まえ、戦略的な経営ができるよう利益構造について座学を行います。販売単価が変わったら?固定費があがったら?などをシミュレーションし適正在庫や人員を決め目標管理を行います。
09:30-10:00
経営計画の立案
目標利益を定め、固定費、変動費、売上高(販売単価・個数)の順に目標設定を行います。
10:00-12:00
第4期(ゲーム・決算)
ゲーム・決算の後、立案した経営計画とどの程度ギャップが生まれたかを振り返ります。
13:00-15:00
第5期(ゲーム・中間決算・決算)
中間決算を実施することで「黒字にするために必要な販売個数は?」など、期中に損益分岐点を意識し下期に臨みます。
15:00-17:00
まとめ/グループミーティング
2日間の結果発表をし振り返ります。ゲームを通じて学んだことを自社に置き換えケーススタディをワークグループで行います。

お客様から頂いた声

有効そうな戦略も外部環境次第で悪手になる。「常にこうすればうまくいく」というやり方はない。資金は余裕をもっておかないと、いざというときに窮地に陥る

私は一応経験者でしたが、今まで理解できていませんでした。今回、とてもわかりやすい説明で理解できたと思います。

粗利を取るのは大変だということを実感しました。数量が一定ラインに達しないとどうやりくりしてもとれない。販売の仕方に工夫が必要ということを痛感いたしました。

実践の後に知識や気づきのキッカケを与えて頂き、また実践するというPDCAが回せる環境がうまく作られていたと思います。学びが多いので継続や知識・経験共有のための方法を考えてMG研修と実経営のPDCAを回していけると面白いと感じました。

売れなければ意味がない、売るため・利益をあげるための戦略を立てること、それを実行することが大事だと感じました。戦略からの実行。まずは売るための戦略を確実に作っていきたいと思います。

実務において結果が変わると確信した点と、相手あってのビジネスだと改めて気づきました。

よくある質問

研修の活用方法について

どんな人にお勧めの研修ですか?

新入社員から経営者まで、どなたでもそれぞれのお立場で、学びのある研修内容です。 採用試験や新入社員研修、昇格者研修等にもご利用頂けます。

社内研修に利用したいのですが、弊社へ出張して実施してもらえますか??

はい。もちろん出張できます。(交通費は実費をご負担頂きます) 同じ会社の方が複数で学んで頂いたほうが、より実務に活かせて成果的です。また、当社で受講頂く場合も、なるべく複数で受講して頂くことをお勧めいたしております。

お申し込みについて

どのように申し込めばいいの?

ホームページのお申込フォームか、チラシをFAX頂くことでお申込み頂けます。弊社でお申込みの確認がとれましたら、ご確認のメールを致します。お振込先・請求書もメールの内容に含んでおります。
数日経っても連絡がない場合には、正しく受信できていない可能性もございます。大変お手数ではございますが、今一度お問合せください。

申し込み確認の連絡がない場合はどうすればいいの?
  • 申し込んだのが土日である場合
  • 翌営業日まで今しばらくお待ちください。(営業日:月曜~金曜 8:00~17:00)

  • 入力されたメールアドレス(および電話番号)が間違っている場合
  • 大変お手数ですが、改めてお申し込みください

お支払いについて

代金はどのように支払えば良いですか?

開催日の1週間前までに銀行振り込みという形でお願いしています。
お振込先・請求書につきましては、メールにてご連絡いたします。

キャンセルについて

急遽参加できなくなった場合はどうすればいいですか?

開催日前日から当日までの場合、受講料の100%のキャンセル料が発生します。
ご返金がございます場合には、お客様の口座へお振込致します。尚、ご指定の預金口座へ振込手数料を差し引いた金額にてお支払いいたします。

お問い合わせ

マネジメントゲーム